名もなきピエロの物語

本、音楽、映画などの紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レインマン

レインマン レインマン
ダスティン・ホフマン (2001/07/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


1988年にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞を獲得した作品。

物語は、トム・クルーズ演じる破産寸前の自動車ディーラーのチャーリーが、
不仲だった父の死をきっかけに、
主演男優賞に輝いたダスティン・ホフマン演じる自閉症の兄、
レイモンドの存在を知るところから始まります。

遺産のほとんどが兄に渡ると知ったチャーリーは、
施設にいたレイモンドを連れて遺産を自分のものにしようとします。

最初は自分の常識からはかけ離れていた兄の行動に嫌悪感を抱いていたチャーリー。
しかし、常に行動を共にし、二人の距離感が縮まっていく。

とにかく、自閉症のレイモンドを演じるダスティン・ホフマンの演技が素晴らしかったです。
まぁ、精神的な病や障害を抱えている人を演じるのは
特徴を前面に出しやすくて演じやすいって言う話もあるみたいですが、
それ抜きで良かったと思いました。

物語は特に激しい展開がある訳ではありませんが、
この映画にとってはそれが良かったんじゃないかと思います。

ラストも予想通りでしたが、後味が良く好きな終わり方でした。
他に火傷のシーンと、エレベーターのシーンも良かったです。

全体的に評価も高めで、名作と呼ばれる作品なので、一度観てみてください。

評価:★★★★

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。