名もなきピエロの物語

本、音楽、映画などの紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

疾走 - 重松清

疾走 上 疾走 上
重松 清 (2005/05/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


疾走 下 疾走 下
重松 清 (2005/05/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


友人に薦められて読んでみた重松清さんの「疾走」

表紙の絵があらわしているようにとにかく暗くて重い。
今まで読んだ本の中で一番ずっしりと来ました。

暴力、放火、いじめ、一家離散、殺人・・・。

海辺で育った主人公のシュウジの家庭は、
優秀だった兄の起こした事件と街の崩壊と共に崩れていく。

人間の弱い部分、負の面が多く出てきますが、
両親の心中で一人生き残った孤高なエリ、
弟を殺人者にしてしまった神父、
やくざの情婦になったアカネなどの
強い部分、正の面も出てきます。

文章は語り部が「おまえ」と二人称でシュウジのことを語り、
あたかも自分がシュウジであるかのような感じにもなる。
一文一文も短くて乾いた感じで、だからこそよけいに暗くて重い雰囲気が漂ってます。

読んでいて思い出したのは、ドラマで見た白夜行。
原作は未読ですが。
あと、金八先生に出てくる一番問題を抱えている生徒。
でも、この主人公はそれ以上に重たいものを背負ってました。

で、シュウジが疾走しているように、自分も疾走して(?)一気に読みました。
ゆっくり1日30ページずつとかで読み進めるようなものではない気がしました。
(読んだ当時図書館の返却期限を過ぎていたというのもありますが)

結構長めで、かなり重いですが、お薦めですよ。

評価:★★★★☆

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。