名もなきピエロの物語

本、音楽、映画などの紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗


昨日、バイト先の映画館の試写で「父親たちの星条旗」を見ました。

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島2部作」の第1弾で、
太平洋戦争中に起きた硫黄島での戦いを
アメリカ側からの視点で描いたもの。

硫黄島の擂鉢山にアメリカ国旗を立てた6人の兵士。
アメリカの優勢を意味するようなその様子を写した写真は、
全米で話題になり、戦争に疲弊していた国民は高揚する。

そして、生き残った3人は「英雄」となり、
戦争のために国債を買ってほしいというキャンペーンのために、
全国を周り講演をさせられる。
そんな彼らはその後どのような人生を歩むのか?

と言う話です。




戦闘シーンは迫力あり、緊迫感ありで、見ごたえがありました。
これはプロデューサーにスピルバーグ氏が起用されているからだとか。
色のコントラストが少なく、ほぼモノクロだったのも、効果的だったと思います。

一部生々しい映像がありましたが、
あれが実際に戦争で起こることなのでしょう。

現在と戦闘シーンと戦闘後のドラマが織り交ぜられていて、
ドラマシーンは淡々と進んでいました。

出演者は誰も名前を聞いただけでは分からなかったのですが、
生き残った3人の中では、
インディアンのアイラ役のアダム・ビーチが良かったです。
英雄視されることに対するアイラの苦悩が伝わってきました。

日本兵は敵として出てくるだけで、
日本の感情などは全く描かれていなかったので、
是非この作品を見る方は12月9日公開の「硫黄島からの手紙」も
併せてご覧になった方がいいと思います。

イーストウッド監督がどのように日本からの視点で描いているのか。
「硫黄島からの手紙」も楽しみです。

評価:★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。