名もなきピエロの物語

本、音楽、映画などの紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダイ・ハード4.0

DieHard4.0


アクション映画の最高峰とされるダイ・ハード第一作目から20年、
そして前作の第三作目から12年。

運の悪い男、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)がスクリーンに再び登場。

全ての機能がコンピュータで制御されている世の中、
そのシステムがテロリストによって攻撃され、
交通、金融、電力などのインフラが機能しなくなり、
国中がパニックに陥る・・・。




久々に本格的なアクション映画を劇場で見れて大満足です。

閉鎖的な環境で頼りなさそうな主人公が独りで戦うのがダイハードだって意見も多々ありますが、
これはこれで良いんじゃないかなと思います。

不死身のアナログ刑事と貧弱なデジタル青年と言うギャップの中での
二人の会話がアクションシーンの合間にあって、面白かったです。

それから敵の個性も動機も弱かったですが、
そんなことは一切気にならないくらいアクションがすばらしかった。

移動するとなったら一瞬で目的地に着いてしまうため、
ほとんどがアクションシーンで、映画の長さも全く感じませんでした。

DVDになってから観るくらいだったら、
今お金を出して劇場で観たほうがいいですよ!迫力満点です。

機会があったら是非またスクリーンで観たい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パニックを...

状態レンタル落ち中古ビデオメーカーワーナー公開・放映情報1980年米110分スタッフ製作:「タワーリング・インフェルノ」のアーウィン・アレン監督:ジェームズ・ゴールドストーンキャスト出演:”名優”ウィリアム・ホールデン/”パニック常連”アーネスト・ボーグナイン/

アクションの厳選紹介 2007年07月30日(Mon) 07:49


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。