名もなきピエロの物語

本、音楽、映画などの紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
ドン・チードル、ソフィー・オコネドー 他 (2006/08/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ルワンダで長年続いていた、フツ族とツチ族の争いは、
1994年に、フツ族によるツチ族の大虐殺へと発展してしまう。

100日間で100万人もの人々が虐殺されたとの説もあるほどだったが、
国連やアメリカ、ヨーロッパはこの悲劇を黙殺。

そんな中、一人のホテルマン、ポール・ルセサバギナ(ドン・チードル)は、
妻がツチ族であるため何とか家族は助けようと、ホテルに匿うようにしたが、
彼を頼る人々がホテルに押しかけ、最終的に1200人を匿うことになった。

と言う事実に基づいた映画。




ルワンダでこのような大虐殺があったと初めて知ったのは、大学のマスコミの授業。

フツ族側のリーダーがラジオ放送を通じてフツの人々を扇動し、
大虐殺が起きたと言うような内容でした。

そして、今回見た「ホテル・ルワンダ」

民族間の違いを日常的に意識することがない生活を送っている自分としては、
民族の違いから隣人や家族が殺しあうと言うことが信じられません。

でも、画面を通して見た遠い国の出来事ではあるけど、
リアルタイムでどこかの国でこのようなことが起きているとき、
ニュースを見て「怖いね」と言って食事を続けるだけの人ではいたくないと思いました。

ドン・チードルをはじめ、役者の演技も素晴らしかったし、
何よりもエンドロールで流れた
Wyclef Jeanの"Million Voices"が印象的でした。
見てから何日か経っても、頭の中で流れてます。

素晴らしい作品なのでおすすめです。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。